島産業株式会社

ホーム > 製品情報 > 不燃ごみ・粗大ごみ処理施設

不燃ごみ・粗大ごみ処理施設

不燃1 不燃2

年々増加・多様化する不燃ごみ・粗大ごみに対し、現在の処理施設はあらゆる面で自動化・合理化を図って対応しています。これにより、従来、処理が困難であった不燃ごみ・粗大ごみを安全、且つ効率的に処理することが可能となり、さらに技術の進歩に伴ってごみの燃料化及び再生化にも力が注がれています。

処理工程

1. 収集された不燃ごみ・粗大ごみは、計量機により計量された後、受入ホッパに投入されます。

2. 投入された不燃ごみ・粗大ごみは、破砕機により破砕され、コンベヤで搬送されます。

3. 不燃物・可燃物は不燃可燃選別機・鉄類は磁力選別機・アルミ類はアルミ選別機を経て、不燃物・可燃物・鉄・アルミに選別されます。

4. 回収された鉄類・アルミ類は圧縮機で圧縮成型され、それぞれの工場に運ばれて再生されます。

フローシート

粗大ゴミ処理施設フローシート

粗大ごみ処理施設フロー