島産業株式会社

ホーム > 製品情報 > ごみ固形燃料化施設

ごみ固形燃料化施設(RDF・RPF)

ごみ固形燃料化施設(RDF・RPF)

可燃ごみも資源として有効利用することが大切です。これまで焼却処分してきたごみから、エネルギーを回収し冷暖房・給油・発電用熱源などとして利用することが可能です。地球環境にもやさしいシステムで化石燃料に代わる低コストの新エネルギーとして注目を集めています。

RDF(RPF)とは・・・

 RDFとは、Refuse Derived Fuel(廃棄物からできた燃料)の略称で、家庭や事業所ごみのうちリサイクルされなかった紙、布、木、プラスチックなどの可燃ごみを、破砕→乾燥→選別→成型し、燃料化したものです。褐炭に近い熱エネルギーを持っており、電気や蒸気を発生させるための熱源として有効利用することができ、固形化されているため運搬や取り扱いも容易です。
 また、廃プラを固形燃料化したものをRPF(Refuse Plastic Fuel)と呼びます。